オール世田谷おやじの会概要

オール世田谷おやじの会とは

■ 目的

世田谷区内の学校のおやじの会に対して、情報交換の場を提供すること等により活動を支援し、また会員相互の融和を図ることにより、世田谷区内の子どもたちの健全育成のための活動を行う。(「オール世田谷おやじの会」規約より)

第一回フェスタ

■ 経過

  • 平成4年頃、子どもの健全育成と親父の交流を目的に、各小中学校に「親父の会」が発足した。
  • 平成8年、区主催「情報交換会」実施(情報の共有化)
  • 平成14年「オール世田谷おやじの会」発足(ネットワークづくりを目的に組織化)
  • 平成16年第1回「おやじと子どもフェスタ」開催
    • 多摩川を舞台に深沢高校和太鼓演奏、自然体験、ものづくり体験、ペットボトルロケット、模擬店等を実施
  • 平成17年第2回「おやじと子どもフェスタ」
    • 和太鼓等の練習が行えないことや中高生の発表の場を提供するため、多摩川から区民会館ホールに会場を移す。また、新たに科学実験を加える。
      ※ 和太鼓のほか、吹奏楽部やダンスの発表会などを中心に実施
      ※ 教育センター「科学実験室」勤務の會田先生による科学実験を実施
  • 平成18年に茨城県大子町と連携し米づくりなどの自然体験を実施
    • 大子自然塾(塾長:寺沢恵太郎)
      平成15年近隣数校で日帰りの親子自然体験を実施したのがきっかけとなる。平成18年に大子町の廃校した小学校を拠点に大子自然塾がスタート
  • 平成21年度第6回「おやじと子どもフェスタ」
    • 大縄跳び大会を目玉に実施
  • 平成22年度第7回「おやじと子どもフェスタ」
    • 第2回大縄跳び大会のほか、独立行政法人宇宙航空研究開発機構とディスカバリー・ジャパン株式会社との共催イベントである「ディスカバリーキッズ科学実験館~コズミックカレッジ~」と同時開催する。
to Page Top

会長挨拶

樋口好章会長

平成26年度より、オール世田谷おやじの会会長をつとめます、樋口好章です。

各校のおやじの会の皆様におかれましては、お子様が通う学校を活動拠点として、子どもたちの健全育成ならびに学校運営のためにご尽力いただいていることと深く感謝しています。

オール世田谷おやじの会は、各校のおやじたちが絆を深め、子どもたちのための活動をしやすくなるように支援することを目的としています。

その具体的な活動として、以下を掲げています。

  1. 年に1回、5月に各校のおやじの会に集まっていただき情報交換会行う。
  2. ホームページを設置・運営し、各校の情報をリアルタイムに共有、受発信を行う。
  3. 世田谷区民会館ホールおよび中庭で「おやじと子どものフェスタ」を毎年9月に開催する。
  4. おやじフットサル大会おやじソフトボール大会を企画実施する。

皆様の積極的な参加をお願いします。また、おやじの会のホームページ、ブログ等をお持ちの会におかれましては、オール世田谷おやじの会のホームページとのリンクをお願いします。

では皆様、明るく・楽しく・かっこよく、おやじの力を発揮しましょう。

to Page Top

オール世田谷おやじの会 規約(抜粋)    施行 平成24年5月19日

(名称) 当会は、「オール世田谷おやじの会」という。
(目的) 第2条 当会は、世田谷区内の学校のおやじの会に対して、情報交換の場を提供すること等により活動を支援し、また会員相互の融和を図ることにより、世田谷区内の子どもたちの健全育成のための活動を行うことを目的とする。
(活動) 当会は、前条の目的を達成するため、次の活動を行う。
  • 会員への情報提供及び活動支援
  • 子どもたちの健全育成のための活動
  • 会員相互の融和のための活動
  • その他、当会の目的を達成するために必要な活動
(会員) 第4条 当会の会員は、当会の目的を達成することに賛同し、参加の意を表明した個人・団体等とする。

オール世田谷おやじの会がやろうとしていることは

絆つくり
  1. 情報連携の仕組みつくり
    • 総合的な世田谷おやじネットの仕組みを構築
  2. 相互の融和を図るための活動の実施
    • 定期会合による詳細情報交換と懇親
    • 地域で活用できるノウハウ紹介・研修
    • 単独では難しいことを皆で検証体験
to Page Top

組織図・役員 (クリックすると拡大します)

組織図

to Page Top